アーユルヴェーダ・オイルマッサージ 2日目

昨日の反省、オイルを半分の30mlにしてみました。

昨日は、浴槽のお湯を汚さないためにも、はじめに体を洗って、浴槽で熱めのお湯につかりながら歯磨きをして(5分が限界、熱いお風呂が苦手です)体を温めてから全身(目と鼻を除く)オイルマッサージとオイルでうがい(とりあえずぶくぶくを100回)をしました。

それから、タオルでなで洗いをしてから、シャンプーをして体を石けんで洗い、お風呂の床掃除をしました。

 

今回はオイルマッサージの前に一度体を拭いて、乾いた肌に少量ずつ、ギトギトにならないように、極力薄くオイルを塗ってみました。

 

節約しすぎたのか、乾いた肌に塗ったせいか(でもすぐ汗で肌がベタベタしてくるけど)、30mlしかお風呂場に持って入らなかったけど、それでも10ml近く残ってしまいました。だからといって使うわけにもいかないので(また昨日みたいになっちゃう)湯上り後ティッシュにしみこませて捨てました(^_^;)もったいないけど、しょうがない。

 

そうそう、ごま油でのうがいですが、やってみて思ったのが、口に含んだ時の感覚がイヤ。

なんか異様に気持ち悪い(-_-;)

なんていうんでしょうね、今までに口に入れたことのない液体を入れてしまった感じ?

 

でも、ブクブクと何度かしてるうちに唾液と混ざり合って、違和感は無くなっていきます。そして吐き出した後、思いの外サッパリするんです。やみつきになりそうなくらい(//∇//)

 

このサッパリ感のためなら、ごま油を口に入れる時の違和感も我慢できるわ!って感じ。

 

あ、温めたごま油だともうちょっと口当たりが違うかも!今度試してみよう!(*^^*)